社会を支える、明日を創る、そんな手応えを実感できる仕事がここにある。 社会を支える、明日を創る、そんな手応えを実感できる仕事がここにある。

太陽光発電

先輩写真

株式会社 木下エネルギーパーク

太陽光発電

学生のころから環境問題に興味があり、太陽光発電事業を展開する弊社のことを知り、入社を決めました。現在、木下エネルギーパークが手がける太陽光発電所は県内外に13カ所あり、近々もう1カ所、山口県に新しい発電所ができる予定です。私が携わっているのはこれらの発電所がスムーズに稼働するためのマネジメント業務です。もちろん実際の維持管理作業は業者さんにお願いするのですが、それらの手配・発注を行うのは私の役目。太陽光発電は天候や自然条件に左右されることが多く、どのタイミングで作業をお願いするかがとても難しいです。思うようにいかない自然との駆け引きも含め、「 想定外 」を楽しむ姿勢が必要な仕事です。

profileイメージ

工田 真矢:2019年入社。比治山大学卒。若い力を尊重する社風と多様な事業を営むKGGの将来性に惹かれ、入社。研修後、希望の配属先、太陽光発電部門に配属される。

保守・点検

先輩写真

株式会社 木下エネルギーソリューションズ

保守・点検

保守・点検事業を展開する木下エネルギーソリューションズの業務は大きく分けて3つ。河川の樋門や道路の機械設備等を点検する〈機械設備〉と信号や街路灯、道路標識等を担当する〈電気保守〉、そして、公共建造物の総合管理や空調・消防設備を管理する〈施設管理〉があり、各業務ともすべて公共事業であるのが特徴です。業務が多岐にわたるため必要となる技能も幅広く、なかでも「電気工事士」の資格はすべての業務のベースとなるような技能で、会社側も取得をサポートしてくれています。また、社内は同年代の同僚も多く、共に切磋琢磨できる環境が魅力的。仲間同士の助け合いが励みであり、頑張る原動力にもなっています。

profileイメージ

三宅 雅也:2018年入社。広島県立技術短期大学校卒。就職活動の際、やる気を尊重するKGGの社風に感銘を受け、入社を決意する。現在は保守・点検の若手リーダー的存在に成長。

農業

先輩写真

株式会社 木下ファーム

農業

高齢者が主な担い手となっている日本の農業に新風を吹き込みたいと、5年前より事業をスタートさせた木下ファーム。現在、五日市町石内にて6棟のビニールハウスで、年間を通じて収穫が見込める水耕栽培を行っています。看板商品は広島県では珍しい「ホワイトセロリ」です。これから市場への浸透が期待される新しい野菜を、より多くの消費者に親しんでもらえるように、手作りのレシピを添えたり、ニックネームを発案するなど、生産だけでなく販売戦略も含め、自分たちで試行錯誤しています。今後も市場開拓に力を注ぎ、消費者の皆様に安心・安全な商品を届けられるよう、そして新しい農業で地域を盛り上げていきたいですね。

profileイメージ

上野明 楽:2019年入社。広島工業大学卒。学生のころから農業に興味を抱き、KGGの取り組みに共感。目下、第2ハウスの責任者としてホワイトセロリと日々格闘中!

建設・土木

先輩写真

株式会社 木下組

建設・土木

一度は就職したものの、どうしても施工管理の仕事がしたくて、建設・土木の分野では豊富な実績を持つ弊社に転職しました。木下組の仕事はそのほとんどが官公庁から依頼された工事です。そのためライフラインに直結する工事や公的インフラ整備に係る仕事が多く、自分たちの手で社会の基盤を創っているのだという誇りを実感できます。まだまだ女性の進出が少ない業界ですが、私が先駆者となって道を拓けば、必ずあとに続く後輩が増えるはず。女性だからと甘えることなく、現場での経験値を高めて、現場統括に欠かせない「施工管理技士」の資格を取得し、信頼される現場監督として実績を築いていくことが今後の目標です。

profileイメージ

菊池 史佳:2020年入社。施工 管理の仕事に憧れて、KGGに転職。現在は先輩たちの指導のもと、現場を仕切る施工管理技士の資格取得を目指す。